FC2ブログ


<マヤカカオの伝道師goroさんのカカオセレモニー>
昨日は、とっても良い御天気に恵まれて 春爛漫で暖かな一日
小豆島からお越しくださった片山吾郎先生に教わりながらメキシコのカカオについて学びました。

S__4055097.jpg


メキシコカカオは無農薬 
バナナの葉にくるまれて発酵した後、自然乾燥させたものをじっくり炭火焙煎しています。




S__4055103.jpg

今回、発酵乾燥させたカカオ豆をゴロ―先生が目の前で炭火焙煎してくださいました。
それを粉にしたり、ホーリーバジルとまぜたりしていただきました。

カカオの木はとてもデリケート。
栽培に適しているのは、赤道の南北緯20度の地域です。気温20-32℃程度と暖かく、雨の多い場所でよく育ちます。
私たちがふだん食べているチョコレートの主な原料は、カカオ豆(カカオの実の種の部分)です。


S__4055101.jpg


収穫されたカカオの実からカカオ豆を取り出し、バナナの葉で包んで3-5日間ほど発酵させます。すると、カカオ豆は最大50℃ほどの高温になり、発酵が進みます。

発酵するとカカオ豆は濃い茶色になり、青くささや苦味が減ってカカオ本来の香りが生まれます。

ジャングル農法「自然農法)
暑さからカカオの木を守る為、比較的強いバナナの木の下にカカオの木 そして、珈琲の木が育っているのだそうです。

(カカオは発酵食品)
カカオは収穫されてから バナナの葉に包まれて発酵させます。
人によってさまざまな感想がありました。
お味噌に近い味であったり お酒の香りがするなど 苦味を強く感じる方 噛みしめるほどに旨み成分に包まれるなど。 感じ方は様々ですね  
日本の発酵とメキシコカカオの発酵 まだまだ奥が深いなとおもいました。

(カカオの効能)
古代のマヤ人の方やや16世紀ごろのヨーロッパでも、ピュアココア(純粋なカカオ 砂糖や不純物など入らない)は薬として利用されていたという記録があります。その効用は100以上とも。主に滋養強壮、疲労回復、長寿などに効くとされ、金銭として扱われていたともいわれているくらい価値のあるものなのですね。

炒ったカカオの香りに包まれて 
カカオのお話会ではみなさんとても楽しく笑い声が響き
穏やかなカカオセレモニーとなりました。

ご参加くださりありがとうございました^^

補足
カカオは強い抗酸化作用があり、血糖値の抑制や血流の促進のほか、多様な健康効果があるといわれています。

#菓歩菓歩WS
#カカオセレモニー
#株式会社gorocuba

関連記事
スポンサーサイト

コメント 0